新しい人生の幕開となれば幸いです

はじめに

➊音声読み上げ

35年もの悩みであった、頭のニオイの悩みを解決した、実体験に基づく、嘘偽りのない話です。

自らの実体験を通じ、以下2つの悩みを解決しました(マジです)

冬に外出し、外気の風に当たり、室内に入った直後の、髪や頭の変なニオイの悩み

(非常に特殊な症状)『冬・外気・頭髪異臭君(=異臭君)』

・冬になると、髪が臭くなる。

・外出すると、髪が臭くなる。

・外気に触れると、髪が臭くなる。

・風に当たると、髪が臭くなる

(当サイトの第1部でご説明)

夕方、脂性の頭皮から、オジ様のようなニオイの悩み

(比較的、一般的な症状)『頭皮・脂君』

・ 頭皮の汗が脂っぽい

(当サイトの第2部でご説明)

➋ポイント

スクロールできます
私の考える、頭のニオイの区別
分類レベルⅢ
冬・外気・頭髪異臭君
(略=異臭君)
レベルⅡ
頭皮・脂君
レベルⅠ
頭皮・無臭君
当サイト第1部第2部なし
ニオイの質髪の毛から、何とも表現できない、変なニオイ(=異臭)頭皮がじっとり系の脂汗による、くさいニオイなし
悩みの時期秋冬(10-3月)基本1年(夏冬)なし
悩みの程度極めて深刻、何年も解決できずに悩む軽~重なし
症状寒くて晴れた日に、特に外の風をいっぱい浴びた後に、暖かい室内に入ると、髪や頭から何とも言えない強烈で独特のくさいニオイ(=異臭)が発生。脂性の頭皮で、頭の地肌を指でこすると、その指先からは汗が脂っぽい「オジ様」のくさいニオイがする。加齢による体質変化の影響もあり。憧れ
対象数極少不明
解決案シャンプー探しの果てしない旅では、解決は無理。「とある実践」をする事で悩みから解放される可能性は十分あり各種実践の組み合わせを適切にしたら悩みが解決する可能性は十分あり不要

❸音声読み上げ

当サイトは、実際に私が直面した「髪や頭皮といった、頭のニオイ(臭い・匂い)」に関するブログ的なサイトとなります。

私は、35年もの間、自分の「頭のニオイ」に悩み続け、特に、秋冬、外出し、外気にあたり室内に入った直後の、何とも表現が難しいニオイ、風に当たると髪がくさくなる悩みから、幸いにも、この度ようやく解放されました!!

また、元々、私の体質は、頭皮・脂性なのですが、頭の汗が脂っぽく、頭皮がくさくなる、いわゆる「オジ様のニオイ」おっさんは不可(笑)もかなり軽減しました!!

そして、頭のニオイを解決するために試行錯誤した結果、頭だけでなく、体にも展開できる体臭予防に効果のある、手法やグッズもご紹介していけるかと思います(特に第2部で)。

さて、当サイトは、私の実体験を踏まえ、同じ悩みを抱えるあなたに、きちんとした解決案をご提案させて頂くものとなります。

そして、当サイトのブログを読み進めて頂く中で、「そうそう、私と症状が同じ!悩みも同じ!体質も似ている!」と共感して頂けるほど、解決案に期待して頂いて、宜しいかと思います(はい!)。

ただ、当サイトを読み進める中で、あなたの症状と「ちょっと違うかな?」と感じる方が、必ず一定数いるはずです。

それは、頭のニオイの悩みが、以下の通り、3つのタイプに大別されるからです。

極めて深刻な悩みを持つ、少数派の『異臭君(Ⅲ)』タイプ(季節=秋冬)髪の毛から表現できない、強烈で、変なニオイ

比較的重い悩みを持つ、中数派の『頭皮・脂君(Ⅱ)』タイプ(季節=問わず)頭皮がオジ様の脂っぽいニオイ

頭のニオイの悩みと無縁、『頭皮・無臭君(Ⅰ)』タイプ(季節=問わず)当サイトの非対象者

『異臭君』の方は、希少性が極めて高く、また、ご存知の通り、小手先での対処では解決できないです。そして、その悩みは深刻で、解決されなくてはならない優先度が高いため、第1部として扱います。何年もこの症状に悩んでいる方が対象となり、当サイトの第1部・第2部を閲覧して頂ければと思います。

『頭皮・脂君』の方は、当サイトの第1部は全てスキップし、第2部に進んで頂ければと思います。

お陰様で、第1部と第2部は、執筆や構成の編集、動画や音声読み上げの設定、弁護士によるリーガルチェックなども通じて、一先ず、なんとか完成させることが出来ました。

さて、この『異臭君』、数100人~数1000人に一人程度という、非常に珍しい、特異な症状なのですが、世の中を冷静に見渡しますと、以下の状況かと思います。

医療関係者『異臭君』症状を説明しても、基本的には理解に苦しむかと思います。
ヘアケアメーカー『異臭君』存在すら、認識できていないと思います。
美容関係者『異臭君』症状を説明しても、理解に苦しむかと思います。
一般人『異臭君』症状を説明しても、理解できないと思います。

また『異臭君』は、出来る限り、人に隠したいコンプレックス系の症状でもあることから、社会そのものが希少性の高い『異臭君』の存在を認識しづらく、社会が協力してこの問題を解決するという機運にはつながらず、『異臭君』の個人個人がそれぞれの生活の中で今でも悩み苦しんでいる、というのが社会全体の構図です。

そして、さらに以下3つの事が言えるかと思います。

『異臭君』【未経験者】症状が先ず理解できず、提案らしきものがあっても恐らく不正解と思います。
『異臭君』【経験者】症状は説明できますが、解決策は不明と思います。
『異臭君』【経験者】&試行錯誤の【解決者】その全容の説明と提案ができます。

私は、(1)この特殊で希少性の高い『異臭君』の方が一定数いる一方で、世の中から理解も認識すらもされていない現実があること、更には、(2)『異臭君』の症状を抱える一部の国民の、健康そのものが守られていない現実があると考えています。国は、国民一人一人が自分で健康管理する「セルフメディケーション」を推奨しておりますが、上述の通り、認識されていない・理解されないという厳しい状況のため、何とか私がそのお手伝いをさせて頂ければと考えています。

尚、あなたの抱える「頭のニオイ」のお悩みが、「軽いもの」ではなく、「深刻なもの=解決できない悩み」であるほど、また、私の症状に近いほど、当サイトはあなたのお力になれるかもしれないと考えております。

何故なら、私自身、試行錯誤を繰り返し、自らの実体験を通じて、その深刻な悩みが解決できてしまったという事実に基づいて構成されたサイトだからです。また、同時に、あなたの悩みが深刻なために、私からのご提案内容に従って、きちんとご対応頂けるはず、と信じるからです。

そして最終的には、【第1部の「第09章」】及び【第2部「第04章」で私から皆さんに解決案をご提供させて頂きます。

尚、私から皆さんにお伝えしたいことは多いのですが、早く結論を知りたい方、文字を読むのが苦手な方、色々いらっしゃるかと思いますので、第1部においてのみ、以下の通り、3点工夫しております。

➊第01~06章まで、冒頭でイラスト動画を設定ビジュアルでその章の全体が把握でき、概要を理解しやすい

➋はじめに~第09章まで、音声読み上げを設定 ➡ 読むのが面倒、聴きながら文字を追って読む(オススメ)

❸はじめに~第09章まで、「ポイント」を設定 ➡ ここを聴く・読むだけで次章に行ける

「頭のニオイ」に関して、現在、ネットサーフィンをしても、「自らの実体験に基づいて、悩みを解決した」総合案内所と呼べるサイトがほとんど無いようですので(あったらすいません)、

➊ 頭のニオイの悩みを抱える多くの方々が、もう本当にどうしてよいのか、迷子になっている現状 

➋ 一般的なご提案では、まだまだ多くの方々の解決には不十分な現状

を憂い、この度、満を持してこのサイトを立ち上げることにしました。

私自身、長年この「頭のニオイ」の悩みを抱えたことで、本来、充実すべき青春時代を送れなかった、悲しい過去を持っておりますので、特に、これからの未来がある若い学生や、美容を第一にする女性の方々の、お力になれれば大変嬉しいです。(もちろん、老若男女、皆さまに有益な情報となるよう心掛けております。)

さて、繰り返しになりますが、私が考える、頭のニオイには、大別すると以下3パターンがあり、レベルⅠからレベルⅢに行くほど、頭のニオイの悩みの度合は深刻化していきます。

<レベルⅢ>『冬・外気・頭髪異臭君』(=『異臭君』)

既に「ポイント」でご説明の通り、外出先から自宅等に戻った際に、髪や頭が強烈にくさく臭う現象に対し、シャンプー探しの果てしない旅では解決が出来ないのですが、当サイト第1部の第09章でご提案させて頂く予定の「とある実践」で、その悩みが解決する可能性はあると考えていますし、実際、私はこれで解決できました。

また、現在、これ以外の方法は正直思いつきませんし、残念ながらネット検索でも現時点では見当たりません。

私の提案する解決案は、『異臭君』の経験者であり解決者でなければ、たどり着けない内容になっています。

当サイトは、世の中の『異臭君』にとって、色々試してもダメだった、「最後の頼みの綱」になりたいとも考えております。

また、秋冬に外気に触れると、「髪に変なニオイ(臭い・匂い)が付く」、「外気のニオイを髪(の特に傷んだ部分)が吸着して取り込む」と思われている方で、それが何なのか分からず、もしその悩みが軽いものではなく、深刻なものとなってしまっているのであれば、恐らく、『異臭君』の軽度バージョンとして、本情報提供の対象者になってくるか気がします。

さて、私は、下の表のとおり、悩みのピークは12月~2月の冬の時期しか悩みの経験がないのですが、ネット検索をしますと、悩みのピークが「春の季節である3月~5月」という方も散見されます。『①冬・外気・頭髪異臭君』ではなく、いわば『②春・外気・頭髪異臭君』とでもいうべきかと思います。

対象悩みの時期悩みのピーク外気の影響
①冬・外気
・頭髪異臭君
10~3月12~2月あり
②春・外気
・頭髪異臭君
3~5月あり
③1年中・外気
・頭髪異臭君
1年中あり

更に、季節に関係なく1年中という方もいらっしゃいます。秋冬以外に、ニオイがきつくなるという経験は、正直、私にはないのですが、私が考えるニオイのメカニズムを踏まえますと、「外気の影響を受けた結果として、頭のニオイに悩まれている」のであれば、本サイト第1部は春の方にも1年中の方にも、保証はできませんが、お役に立てる可能性はあるのではないかと推察しております。

ただ、『異臭君(Ⅲ)』ではなく『頭皮・脂君(Ⅱ)』の方は、ニオイのメカニズムが違うので、第1部では第07章のみが参考程度となり、当サイトの第1部は基本的には全てスキップし、(作成途中かもしれませんが)第2部に進んで頂ければと思います。

因みに、「自己臭恐怖症(自臭症)」という病気があります。秋冬には、『異臭君』は、この「自臭症」にも似た心理反応(たとえば対人恐怖症など)も発現されますが、本人はニオイへの自覚症状がきちんとありますので『異臭君』「自臭症」とも違うと思います。

また、『異臭君』は、世界的にも稀な「魚臭症(トリメチルアミン尿症)」や、咳払いをする周囲の人のアレルゲン(原因)が自分ではないか、と思い込む「PATM(パトム)」の症状とも違うと思います。更に、体から発せられる「便のニオイ」に悩まれている方がネット上で一定数いらっしゃるようですが、その症状とも違います。PATM(パトム)や体から発せられる「便のニオイ」に対しては、当サイトは、ほぼ無力と思います。

いづれにしましても、『異臭君』は、当サイトの第1部、第2部、PDF商品、と全て閲覧して頂ければ、きっとあなたのお役に立てるかと思います。

尚、別の症状である『異臭症(=嗅覚異常)』というものがありますが、これと区別すべく、名称を『冬・外気・頭髪異臭君』としましたが、やはり長すぎるので、これ以降は便宜上、略して『異臭君』とします。意味は『冬・外気・頭髪異臭君』と同じと考えて下さい。

実は、『異臭君』には、特殊すぎて、『異臭君』同士にしか分からない共通の世界観があり、閲覧して頂く『異臭君』のあなたに信用してもらうに足りる情報を私から発信することで、十分すぎるほど共感して貰えるような構成となっております(笑)。

また、『異臭君』は、本気で悩んでいるはずですので、見えないあなたを想定しながら、あなたの本気に、私も本気でお応えするつもりです。そのため、気持ちが入りすぎて、文章が少しくどくなる事、事前にご容赦下さい(笑)。

<レベルⅡ=『頭皮・脂君』> & <レベルⅠ=『頭皮・無臭君』

既に「ポイント」でご説明の通りです。

尚、『異臭君』の解決は、問題そのものの難易度が非常に高く、大変、長い年月を要しましたが、それと比べますと『頭皮・脂君』の方がハードルは低かったというのが正直な感想です。ただ、それでも『頭皮・脂君』も、決して簡単なものではなく、仮説や検証、ひらめきや最後まで諦めない試行錯誤と粘り強さが必要でした。

補足

尚、事前にお断りをしなければならないリーガル事項としまして、当サイトに対する誹謗中傷系のコメント、当サイト運営上の干渉や妨害等は、誠に不本意ではありますが、こちらも厳しい態度を取らざるを得ない覚悟があること、事前にご承知おきください。

さてさて、因みに「ニオイ」には、「臭い(クサい)意味で使用する、臭い(におい)」と「良い香りの意味で使用する、匂い(におい)」の区別が漢字としてありますが、このサイトでは「ニオイ」で統一します。

また、実体験の事実に基づきながらも、内容が重たいだけに、重々しくならないよう、所々くだらないジョークも交えておりますので、寛容にお付き合い頂けたら幸いです(笑)。

また、実体験なので虚偽はなく、大事なポイントは誇張することがないよう配慮しております。一方、ブログ的なサイトでもあるので、読み手に楽しく、自虐ネタの共感や、悩みを解決してほしいという熱意はありますが。

このサイトを通じて、制御不能と思われた「頭のニオイ」の悩みを抱える方々が、その悩みをきちんと解決しもうこれ以上、ご自分のニオイに煩わされることなく、人目を気にすることなく、実りある充実した生活を送って頂けることを心から願ってやみません。

それでは、具体的に、私の『異臭君』の症状(第1章)を見ていきましょう!